リバースアカデミー師友塾 - 神戸・東京

不登校の悩みや登校拒否などはご相談ください

新しいワインは 新しい器に

だれも、新しいぶどう酒を古い皮袋に入れはしない。
もしそんなことをしたら、その皮袋は張り裂け、酒は流れ出るし、皮袋もむだになる。
だから、新しいぶどう酒は新しい皮袋に入れるべきである。
そうすれば両方とも長もちするであろう。
―マタイによる福音書 9章17節―


師友塾は、一つの幻から始まりました。

僕はかつて、幾百万の若者たちが、こぞってぞろぞろと既存の学校から立ち去る姿を見、そして、彼らの低い呻き声を聞いたのです。彼らは苦悩 しながらも躍動し、創造的でさえありました。僕はそんな若者の表情の中に、希望を見ました。そして「この若者たちが甦るような教育現場を作ろう」と心に決 めたのです。

爾来38年、幻は現実のものとなりました。

一人の人間としてすぐれた資質や美徳、そして鋭敏なアンテナを持っているがゆえに、既成の制度になじめず、学校に行かない生き方をみずから選んだ、そんな新しいタイプの若者たちが、師友塾で学んでいます。

新しいぶどう酒は、新しい皮袋に入れるように、新しいタイプの若者には、新しい学校が必要です。それが、師友塾です。

師友塾では、自分の花を咲かせることを急ぐよりも、これからの自分の人生を支える“根”を張ることに一所懸命になって欲しいと思います。本 来、思春期とは、一人の人間として、どう生きていくべきか、人間として基本的な在り方を考える大切な時期なのです。しっかりとした根を持った人間になれ ば、どんな時代にも、どんな逆境にも耐え、乗り越えて行くことができます。

いまの欺瞞に満ちた社会への不適応性は、次の新たな社会への適性を意味していると僕は確信しています。君たちは、新しいワインです。師友塾で、君たちの“未来適応能力”を思う存分伸ばしてください。

New wine is poured into fresh wineskins............

師友塾塾長 大越 俊夫
師友塾塾長。師友塾高等学校理事長。AIE学院長。1943年、広島県尾道市生まれ。関西学院大学大学院米文学研究科博士課程修了。ブ リティッシュ・コロンビア大学留学を経て、75年、神戸市御影に、不登校児、高校中退生のための「師友塾」を創設。80年、カリフォルニア・ルーテル大学 英文科準教授。81〜84年、同大学学長補佐。大学の協力を得て「AIE」(現本部シアトル)を設立。日本からの留学生の育成にも力を注ぐ。著書に 『6000人を一瞬で変えたひと言@A』(サンマーク出版)『子どもの心にズシンと響く頭のいい「親のひと言」』(三笠書房知的生き方文庫)など40冊以 上。

ページ先頭へ戻る

 


資料請求 | 個別見学会申込み | サイトマップ | アクセス | ご質問 | フリーダイヤル:0120-117-007